2018年02月02日

英語でインスタ

  嫁が、英語でインスタに向かって喋り始めました。
  「だってフォロワーが外人ばっかりやったで。」
  喋れるならなんでもいいんやなこの人。

1E4E0A18-FD13-410A-BB20-08C7A91019F6.png
posted by 吉田雅一 at 08:58| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記

2018年01月30日

羽島の外構5

D681650B-162A-49D6-A3C1-C839BF66E830.jpeg
  1月のエクステリア工事なので、ここんところ雪で延期がしばしば。

459BF597-4836-462D-93D8-75E319389678.jpeg
「これは現実ではない!こんなのテレビで見る風景だ!」と大阪(めったに雪が降らない)の僕は未だに岐阜のこの寒さについていけません。

  それはさておき
01916CEC-8FAF-489A-892A-CF70A04A162A.jpeg
 家の玄関の手前に擁壁を立ち上げて、
土地をなだらかにしていっています。

08F53570-C861-48C7-A922-A6335D4B1E04.jpeg
↑ブロックを積むためのベース(基礎)です。↓
5BDE9A35-7C26-43A4-A96E-E4A3A5A0603A.jpeg
  くの字形に折れたところは荷重がすごくかかるので、倒れてこないように基礎も頑丈です。
ちなみにブロックはこの左の鉄筋のゾーンに積みます。

C81AEDFB-8F70-4E09-844C-66BAB30B0078.jpeg148B9E4C-A79B-4F89-8652-0060824E72AC.jpeg
二日間かけてダンプ20台の山土や砕石を入れました。

B35A1B58-38AD-4D2D-AC3F-39FBA7DA5810.jpeg
↑ビフォア

だいぶなだらかになったでしょう。
posted by 吉田雅一 at 20:21| Comment(0) | TrackBack(0) | エクステリア日記

2018年01月25日

次亜塩素酸と蓄電池

92EF4E49-2660-4BD7-8219-126B309800BF.jpeg 
パナソニックの技術発表会。

特に今日良かったのは、次亜塩素酸を使った空気清浄機。

花粉やpm2、5などの雑菌にも効果があります。

床に置く空気清浄機以外にも、天井に小さくファンのように設置したり、大きくエアコンのように設置することもできます。

6C7B185E-DF9A-4C2D-883F-6DF6C6FEEDBE.jpeg

  もう一つは、蓄電池。太陽光発電で作ったエネルギーを蓄電しておくいわゆる大きな乾電池のわけですが、現在、欲しいと言う方が2件ほどあり、やはりパナソニックが良いような気がしています


posted by 吉田雅一 at 23:59| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記

2018年01月24日

羽島の外構4

ACDD62BD-ADD7-43D2-BA75-B880942B340B.jpeg
AM…敷地全体の土をなだらかに均す。

32BDCF34-E97B-4DC0-9AF6-9968560F65C9.jpeg
PM…雪に覆われる。

5FD0BC43-B1A1-4F77-9B8B-E0740E649C43.jpeg
これは…現実ではない!TVでみるはずの光景だ。(めったに雪が降らない大阪出身の僕。)
  エコキュートの影に隠れる。
posted by 吉田雅一 at 16:55| Comment(0) | TrackBack(0) | エクステリア日記

2018年01月23日

寮の改装4

寮の改装、土曜に無事終わりました。
【ペットルームのカーペットとカーテン交換】
9CDD992D-0C55-4473-B4F3-BBCA0C056BE8.jpeg

062CEC30-927F-4F35-8185-7D014D294763.jpeg
↑アフター

6B1B297C-E83E-4EDD-90D0-6163F4D79888.jpeg
↑ビフォア

 こうして見ると、そう大して変わってはいません(笑)。

【和室の壁補修】

09F8BB08-EAA7-48A5-997B-036AFF0E2E60.jpeg

9BC58ECA-F705-4900-AB2A-759C20595863.jpeg
↑ビフォア

F5D1E738-24E1-4928-98DE-A9F7E03ECBA2.jpeg748F8805-DEC2-469D-B877-3A6188796552.jpeg
↑アフター

欄間にすりガラスを入れて、エアコンが効くようにしました。それまでは、2部屋が欄間でつながってしまいスースーとすきま風が…。

【荒れた家具肌の補修】

95825ABA-5AE2-43C9-B3B4-6F1D0E558730.jpeg
↑ビフォア
  デコラ(メラミン樹脂)が剥がれてしまった下駄箱。

826E4ED5-865F-45CD-9710-B2BE2C260CE6.jpegE977C4FA-924F-4AF4-AE8B-C3E5DAE66539.jpeg
↑こうして新しいメラミンを貼っていきます。
  平塚家具からの依頼ですが、施工はクーカンの大工がやります。
  簡単なようで、何度もサイズを調整し、はみ出たりゆがんだりしないよう切って貼るのはかなり難しいです。
  もちろん上手くやります。


posted by 吉田雅一 at 20:24| Comment(0) | TrackBack(0) | 現場のあれこれ

2018年01月22日

羽島の外構3

E4F317D4-9615-4A0C-BD5D-0258267D4B70.jpeg
ブロックを積みました。

1日かかって、これだけ…?!

…でもこれには理由があります。

@既存のブロック塀、
測ってみたところ、写真左側から右側までに、3.8cm、高さの差があり、

Aそれを解消するために、ブロックをちょっとずつ高さを変えて切って、

Bそれでも並んだ時に上端がガタガタにならないように、目地(セメント)の厚さを調節して積んでいます。

  僕が認める左官職人、(別名:空間ガーデンセンター・所長、) 牧くんの心意気です。時間はかかっても、1段目が肝心なところ!!

  ちなみに僕の別称は、空間ガーデンセンター・センター長です。
  嫁には、チーム名がダサすぎるといってそれなりにウケています。


posted by 吉田雅一 at 23:18| Comment(0) | TrackBack(0) | エクステリア日記

2018年01月19日

羽島の外構2

4A423AA2-FCD3-4A22-BB94-444F6CF74AFF.jpeg
この敷地は、車を置く地面から家の玄関までが80センチほど高くなっています。
左に見える田んぼから家の床までは1mほど高さが変わります。
「ウッドデッキを作りたい」
と言うご要望でしたので、高低差を解消するために、今ブロックを積んでいます。
22B967E8-AE21-4D81-9929-94212CA78F84.jpeg
@まず、ブロックを積むための基礎をつくります。写真は「根切り」と言って、土を垂直に掘ったところです。
AB7A7DB9-B7D1-4735-8A73-1A786E99BF9A.jpeg
Aブロック基礎(コンクリート製)のための型枠を組みます。
  ブロックの下に基礎がいる理由は、ブロックの厚みだけだとどんどん下に沈んでいってしまうからです。平たく幅広い基礎を作ることによって、沈みこみを防ぎます。
E43B48CE-1633-401A-AC1C-07CE5B12BAC5.jpeg
B基礎が割れないように、平たく鉄筋を入れます(ベース筋)。
  立ち上がっている鉄筋は、ブロックとブロックの継ぎ目が破れて行かないように中側で引っ張るためのものです。
6981C0BC-1D7D-47A8-B9B4-871CCE0D0412.jpeg
Cブロック基礎が打てたところ。
明日いよいよ積んでいきます
posted by 吉田雅一 at 11:01| Comment(0) | TrackBack(0) | エクステリア日記

2018年01月17日

寮の改装3

D9523A7D-7572-4EA9-B0B6-FE3505FF4C93.jpeg
↑ビフォア

A6A1A4DE-FC07-4EB0-B2CA-704CB6BCA916.jpeg
↑アフター

0A83246D-CF90-497F-A3F0-98083A23676C.jpeg
↑ビフォア

2D0C0AF9-902B-4C79-9F48-2678263E466E.jpeg
↑アフター

コンクリートにコンパネを直張りしました。

本当は直張りでなく胴桟という、スペーサー代わりの木を取り付けてからコンパネを張りたかったのですが、以下の理由で直接張ることにしました。

・塗り壁はカビてもコンクリート自体はカビていない(=普段、コンクリートが湿気を帯びていない良い状態)
・工期がない
・使わない部屋なのでぱっと見だけきれいになれば良いとの施主さんの意向。

  建築工事は、丁寧に直せば直すほどもちろん値段が上がっていくため、何を採って何を捨てるか?の判断が全ての現場で違います。

  今回は「短い工期で」「最小限の経費で」が優先でしたので、コンクリートの品質が保たれてるのを頼りに、省略した次第です。

89818583-EECF-469C-9804-4FF27A3484E1.jpeg

リフォーム中は、家具を片付けるだけでかなりの量になります。このように空き部屋があると大変助かります。
posted by 吉田雅一 at 21:02| Comment(0) | TrackBack(0) | 現場のあれこれ

2018年01月16日

寮の改装2

  施工後40年以上経った聚楽は、乾燥によりパサパサになっており、簡単にかき落とせました。下地がコンクリートなので、手加減する必要なくて楽です。

54046ECE-5A02-4CB2-AD3D-A5FB831DCA8A.jpeg

29D1AB14-4E41-4F7E-A77F-576312BF02F7.jpeg


posted by 吉田雅一 at 16:38| Comment(0) | TrackBack(0) | 現場のあれこれ

2018年01月15日

寮の改装1

ある会社の社員寮の改装工事を始めました。工期は1週間です。
ECD9679A-EB1B-4813-851A-215AABEF71A3.jpeg
 40年前の建物なので、鉄筋コンクリートの壁に、直接聚楽(じゅらく)が塗ってあります。

B344F1FD-140E-4E70-BB35-D7EFA49AEC07.jpeg
まるで紙のようにうねって剥がれています。

コンクリートは耐用年数が60年と言われていますので、今で築40年、この建物では水分も含むし、そうなると壁がふやけて糊(のり)が剥がれ、このように破れてきます。

E142E89A-D3BA-4D6E-ABEB-C0132EAFF825.jpeg
置いてあった家具を退けたらこのようにかびていた、と言う事ですが、本来コンクリートはアルカリ性でカビを撃退します。そのコンクリートが黴びたいう事はかなりコンクリートの成分がなくなり、劣化している証拠でもあります。

  自然で当たり前のことなのですが、気になりますね、頑張ってきれいにしたいなと思います。
posted by 吉田雅一 at 08:56| Comment(0) | TrackBack(0) | 現場のあれこれ